10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ドラマー安井鉄太郎のブログ

ドラマー安井鉄太郎のニューヨークや日本での音楽活動日記を主に掲載。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ハロウィン 

ハロウィンのパレードにブラジリアンパーカッションのチームで参加してきました。
そのチームはスコットケントナーというパーカションニストのチームでマラカチュというリズムをプレイするチームです。この人はすごくグレイトな人でブラジリアンのことならなんでも知ってます。
それで4時間ぶっとうしで歩きながら演奏するのですがほんとに筋肉痛になりました。
それと周りの人の多さとクレイジーさにもう疲れました。
あらためてNYておかしいなーと思いました。
いろんな国籍、人種の人が入り乱れていろんなルーツの音楽、ただ道を歩いているだけなのにみんなの盛り上がりよう。すごかったですね。
でも僕はなんかやな気持ちになりました。アメリカ人のその感じとかまた、そこにいるアジア人、日本人、もちろん本当のマラカチュとかものすごくてシリアスだし。それじたい貧民街で宗教に結びついて
スピリチュアルで。結局ここではいろいろ学べるしそれは必要だしすばらしいけど行き着くところは自分の人生しかないし、僕は黒人でも白人でもなく日本人で僕自身だし。
自分の音楽をやらないといけないなと痛感させられます。
なにがいやかというとアメリカ人の無頓着さ、金主体、それに賛同してる金持ちアジア人、日本人、ほんとにはきそうになる。世界でなにが起ころうが関係ないのだろうし。何がアート、ジャズ、そんな無頓着でなにがあるのかな。なんにもない。
人のことはさておきいろいろ考えないとだめと思いますね。


スポンサーサイト

Posted on 2008/11/01 Sat. 21:06 [edit]

category: 日記

TB: --    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。