06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ドラマー安井鉄太郎のブログ

ドラマー安井鉄太郎のニューヨークや日本での音楽活動日記を主に掲載。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

world music 

world musicのクラスでタブラの人名前忘れましたがゲストできてインドの音楽についていろいろ教わりました。タブラじたいすごく数学的で周りが手拍子でカウントしてる間に5つ、7つ、で割ったりそれをさらに割ったりします。モード的にはほとんど一発でメロディは例の蛇がでてくるようなサウンドです。
彼はリズム的にインディアンミュージックは世界に大きな影響を与えているといってました。
それであとにworld music ensembleのクラスでmiddle eastan の曲をやったのですが共通点がいっぱいあって面白かったです。拍子も複雑で。そのあとフリーのクラスにまたゲストでピアノのDenmanと言う人がきていろいろやりました。ピアノがかわいそうというぐらいめちゃしてました。弦のうえにいろんな形の鉄でこすったりしていろんなサウンドを出してました。結局その辺の人のサウンドコンセプトはいろんな出せる音を、ピッチとかそのサウンドとかを研究してアイディアをオルガナイズしてやってる感じですが強力でした。あと違う3つの拍子を同時にやったりしてました。ほんと白人てあほやな~と思いました、そこまでやるかみたいなことを研究してつくるみたいな。
この一日でいろいろやっておもしろいけどもうおなかいっぱいで。
その次の日はブラジリアンで。コルトレーンとかも世界の音楽きいて研究してオルガナイズして自分のサウンドを探求していたわけだし。しかしほんとに今は情報がありすぎて。それとか自分の国の音楽はとか。コリアンとかやたら自分の国の音楽を主張してくるし。
こんなん全部やってたら100年かかる。ダンワイズってドラマーはタブラも叩くしそれからの影響で自分のサウンド作ってる。アレンジのクラスではいろんなピアノがいろんなアレンジもってきてそれがまた面白すぎ。星に願いの、アレンジとかでもなほんとにすごかった。腹立つ。ほんまクソガキが。
そのクラス僕ともう一人のドラム以外ほとんどピアノですが、宿題がおおくてそのドラムとかピアノでジャイアントステップひくようなやつですが宿題がでるたび僕と顔みあわせてfuckいうてます。
どうしょう、ほんと、自分の音楽とかいうてられないな。
やらなしょうがないな~。 
スポンサーサイト

Posted on 2008/11/05 Wed. 18:43 [edit]

category: 日記

TB: --    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。